読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2045年問題 コンピュータが人類を超える日

社会 コンピュータ

2045年に計算機群が人類を超えるというレイ・カーツワイルしやヒューゴ・デ・ガリスらが主張する「技術的特異点(シンギュラリティ)」。変人の妄想と退ける意見が多い一方、まじめに検討する政府機関もあるとのこと。個人的には、現在の計算機科学の連続的な発展の先に「強い人工知能=意識を持った人工知能」がありうるか否かが、シンギュラリティを迎えるかどうかの論点だと思った。